ABOUT THIS SITE

インテリアデザインコンセプトに「ブルックリンモダンスタイル」を採用したPREMIUM OFFICE神田。 このページでは、PREMIUM OFFICE神田のインテリアフォトギャラリーという形を通じて、 ブルックリンスタイルのレトロモダンを極めたデザイナーズ・シェアオフィスのご紹介とその醍醐味をお伝えします。 そして、個室プランの空間にデスクインテリアアイテム等をおいて、 「じぶんらしい空間」にするインテリアコーディネートの楽しみ方をご紹介できればと思います。

注)当サイト掲載写真のデスクやチェア、その他のインテリアは予告なく変更する場合がございます。
現況と掲載写真と異なる場合は現況を優先します。

WHAT'S BROOKLYN MODERN STYLE?

「古いものを生かしながらインテリアを楽しむ」という考え方がブルックリンスタイルの醍醐味です。

レトロなブルックリンスタイルにモダンな要素を組み合わせて、「ブルックリンモダン」な空間にするのは、住居はもちろん、中古オフィスフロアのリノベーションにおいてもカフェのような素敵な空間にできます。
日本語の「温故知新」という諺にも通ずるこのスタイルがクリエイティブなビジネスを加速させてくれるはずです。
ヴィンテージなインテリアの味わいをぼーっと見ているだけで、いつの間にか心をリラックスさせてくれます。
個室でパソコンに向かって集中する時間の合間のひと時が、思わぬアイデアを生み出してくれる空間です。

古い工場をリノーベーションして市場に変えたことで有名なニューヨークのチェルシーマーケット。

ブルックリンの撮影スポットに憧れて…

ブルックリンの最も有名な撮影スポットをGoogle Street Viewで観光できないか、探してみました。「Dumbo」という地名で探せます。
まずは、ごゆっくりとブルックリン観光を楽しんでみて下さい。

この有名なブルックリンの撮影スポットから見える橋は、ブルックリンブリッジと勘違いされがちですが、実際は「マンハッタンブリッジ」です。

ブルックリンとは

ブルックリンは、ニューヨーク市にある5区の一つ。
その中で、ブルックリンはイーストリバーを挟んだ、マンハッタンの向かいの海沿いの倉庫や古いアパートが並ぶ工業地帯。

観光名所としてはコニーアイランドというレトロな遊園地やブルックリン美術館などが有名。
また、マンハッタンブリッジの撮影スポットで有名な「ダンボ」は「Down Under the Manhattan Bridge Overpass」の頭文字をとったもので、かつての倉庫街から、おしゃれなショップ、ギャラリー、レストランなどが建ち並ぶ観光名所になっています。

 

ブルックリンスタイルの歴史

マンハッタンの物価が高騰していた1990年代に、労働者だけでなく移民やアーティストが向かいのエリアの家賃の安いブルックリンへ移り住むようになりました。 そうしているうちに、古い工場や倉庫の建物をリノベーションした、独特なレトロモダンなインテリアが人気を呼び、ブルックリンでは「古くからあるものを活かしておしゃれにコーディネートする」というスタイルが確立されました。
(写真のイーグルウエアハウスは倉庫からアパートに改築された建物です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PREMIUM OFFICE KANDA

神田の淡路町にブルックリン!?

ニューヨークの街並みとは異なる「神田淡路町駅前のオフィスビル」ですが、このビルの3階に一歩入れば、そこには「ブルックリン」が…

倉庫のようなレンガの壁

ブルックリンスタイルと言えば、やはり倉庫のレンガの壁が印象的です。
「PREMIUM OFFICE 神田」でもレンガの壁のデザイン柄を取り入れています。

オーガニックな味わいを加える

ブルックリンスタイルは、インダストリアルスタイルともよばれることがありますが、正確には、インダストリアルスタイルの派生形としてのブルックリンスタイル、ともいえるものです。
インダストリアルスタイルは無機質なイメージでコーディネートするのに対して、ブルックリンスタイルは、これに緑などのオーガニックなものを組み合わせて温かみを醸し出すイメージです。

ヴィンテージ家具でコーディネート

「古いものをいかす」というブルックリンスタイルに欠かせないのがヴィンテージ家具です。 「PREMIUM OFFICE 神田」ではヴィンテージ感溢れる中古のソファや照明等を効果的にコーディネートし、 ブルックリンスタイルの雰囲気を醸しだしています。 ブルックリンスタイルのレトロモダンな雰囲気は同じでも、こうしたひとつひとつのインテリアの組み合わせいより 無限のオリジナリティある空間を創り出せます。

DIYの質感を楽しむ

ブルックリンスタイルは「DIY」ブームの火付け役とも言われているように、手作りの味わいを醸し出すのも楽しみ方の一つです。
「PREMIUM OFFICE 神田」のコワーキングスペースには手作り感を生かした作り付けのワークデスクを設置してあります。
普通のオフィスとは違ったカフェのような気分でリラックスと集中の両方の時間を演出してくれます。

開放的な空間

ブルックリンスタイルでは、元々は倉庫や工場をリノベーションしているので広くて開放的なイメージもあります。
「PREMIUM OFFICE 神田」のコワーキングスペースも中心部には何も置かないスペースを作って開放感を出しています。

落ち着きのあるレトロなトーン

ブルックリンスタイルはレンガやコンクリート、古い木材などの材質が主要素のため、
全体的に落ち着いたモノトーンな雰囲気となります。

「レトロ」と「モダン」が同居する空間

こちらの天井や壁の空間だけを切り取ってみると、置いてあるヴィンテージ家具以外は、シンプルモダンなイメージの空間です。
ブルックリンスタイルは、実は「シンプルモダン」な空間とも上手くマッチさせると、「集中するための落ち着きあるイメージとイマジネーションを惹起させる空間が同居した、クリエィティブ・オフィス」として、とても素敵な空間になります。

武骨で重厚感ある空間にアートで色どりを

武骨で重厚感のあるレトロ空間にカラフルなモダンアート等を散りばめることで、ブルックリンでリノベーションをはじめたアーティスト達の心が乗り移ったようなお洒落なイメージになります。

個室もクリエイティブに!

デスク周辺のアイテムや飾り棚も、アーティスティックな小物を散りばめて自分だけのクリエイティブな空間に仕上げてみてはいかがでしょうか。
とは言え、「ブルックリンスタイル」は下手に安物の100均アイテム等を並べるとダサくなりがち、などと言われていますので、余計なことはしないで、ワークデスクにワークチェア、そこにノートパソコンがあれば十分と気後れしてしまう方もおられるかもしれません。
一方で、そう言われると逆にやってみたくなるのがクリエイター気質というものでもあるはずです。

高価なものを並べたからと言って「男前なブルックリンスタイル」になるとは限りませんので、100均アイテムを並べたっていいのです。

いずれにしても、個室プランはあなただけの空間ですから誰にも気兼ねはいりません。
できることには制約がありますが、そんな制約の中だからこそ、アイデアとセンスの勝負です。

ダサくならないアイテムのセレクトや並べ方をあれこれ考えるのも実は楽しいものです。
スタートアップのクリエイティブな気分を増すためにも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CUSTOM BUILDで
ブルックリンモダンスタイルのリノベーションを